3Dプリンターを導入すれば便利|補助金でコストダウン

ラミネーター

髪を綺麗に加工する機械

用紙をラミネート加工するには業者に依頼するか、ラミネーターを導入して使うかの方法があります。ラミネーターの用途としては、ポスターやメニューなどの良く使う用紙を綺麗で丈夫に仕上げるなどです。そうすることで書類や用紙をより効率よく使っていくことができます。

プリンター

その場で発行できる

カードサイズからはがきサイズ程度の大きさの用紙に印刷するのであれば、カードプリンタがおすすめです。紙媒体以外にもプラスチックなどに印刷することも可能になっているのです。しかしカードが増えることが逆に懸念になっている傾向もあります。

お得に設備を導入する

3Dプリンター

補助金を利用する

3Dプリンターを使えば複雑な形状の品物を簡単に作成する事ができるため、多くの企業で導入されています。ですが性能の高い3Dプリンターは非常に高価なので、企業が導入する時には初期コストが大きくなります。3Dプリンターはお得に導入する方法があるため、企業が仕事で使うときには、色々な制度を利用して導入することが大切です。お得に3Dプリンターを導入する方法のひとつが、優遇税制を利用して企業が仕事で使う設備として、3Dプリンターを購入します。企業が生産性を向上させるために導入した設備に対しては、最大で5%の税金が控除されるため節税に繋がります。中古で購入した場合にはこの優遇税制は適用されないため、この方法を使うには、新品の3Dプリンターを購入する必要があります。また国外の企業に導入したときも、この優遇税制は適用されないので注意しましょう。3Dプリンターは補助金を利用して導入する事ができ、国や地方の公的機関による支援を受ける事ができます。補助金はお金を返済する必要がないため、高価な3Dプリンターを購入しても経営を圧迫する心配がありません。公的機関から補助金を受け取るには、企業の行っている事業に対して審査を行う事になり、審査が通ることによって社会的な信用が高まります。その他に安く3Dプリンターを導入する方法としては、リースを利用して初期コストを抑えて導入する方法です。リースを使って導入すれば初期コストだけでなく、最新の3Dプリンターを使用することが可能です。

通話

会社に電話をひくには

会社設立時に必要なものの一つにビジネスフォンがあります。ビジネスフォンのメリットは複数の回線を共有でき、内線で社内の通話が可能なところです。導入にはリースがオススメで初期費用がかからずに最新の機種を導入できます。