3Dプリンターを導入すれば便利|補助金でコストダウン

その場で発行できる

プリンター

会員証発行をスムーズに

エンドユーザー向けの会員証などを発行して利用促進や常連化を進めることもビジネス戦略の一つです。飲食店などでもメンバーズカードなどを発行して一定の利用を超えると割引サービスを行うなどは一般化しています。メンバーズカードを作成する際に役立つのがカードプリンタです。カードプリンタは、カードサイズからはがきサイズ程度の大きさの用紙に印刷するのに優れたプリンターとなります。最近のカードプリンタでは、紙以外の媒体に印刷することも可能になっています。そのためプラスチックなどにも印刷を行う事が可能になっています。さらにその上にラミネートなどでコーティングを行うと、立派な会員証を手作りすることができるようになります。業者に発注するとコストがかかるとともに時間もかかります。カードプリンタを導入することで、ユーザーにその場で会員証の発行を行う事もできるようになるのです。会員証にはバーコードデータなどを追記することもできます。これによtt利用履歴や使用料金などの情報を登録することができるほか、会員番号を持っていることで、問い合わせなどにもスムーズに対応することができるようになります。顧客ニーズをくみ取ったサービスになりますが、最近ではカードの枚数も多くなることに懸念を抱くユーザーもいます。そのため、携帯電話に登録させるなどの方法が主流になりつつあるため、カードプリンタの導入は、検討すべき点も現状になっているのです。