3Dプリンターを導入すれば便利|補助金でコストダウン

会社に電話をひくには

通話

会社に電話をひくために

会社を設立し、事務所を構えてから最初にすべきことは、電話をひくことです。家庭用電話機ではなく、ビジネスで使用するにはビジネスフォンの導入が必要です。ビジネスフォンの特徴は複数の電話回線と共有されているので、ある電話番号の回線が話し中でも別の電話番号のビジネスフォンに回して取り次げたり、会社内は内線で電話をかけることができ、電話代を節約することができます。このように様々なメリットのあるビジネスフォンを複数台購入するとなると、それなりの初期費用がかかります。会社設立時は色々とお金がいるので購入費用を抑えたいのであれば、リースがオススメです。そこでビジネスフォンをリース契約するために知っておきたい情報を幾つか紹介します。まずはリースのメリットですが、何と言っても初期費用がかからないで新品の機能性の高いビジネスフォンを導入できることです。ビジネスフォン自体はリース会社の所有物のため、減価償却費や固定資産税もかからず、面倒な資産管理も不要です。リース契約にもよりますが、万一故障してもリース会社にて即座に修理対応してくれます。次にリース契約に向けた流れを紹介します。まずは複数のリース会社と商談するところから始めます。ビジネスフォンの機能の紹介や契約内容のプレゼンを受けましょう。魅力のある会社からリースにおける見積書を取って比較検討しましょう。毎月の料金を重視するのか、アフターサービスを重視するのかなど、ご自身の希望を考慮して決定して契約を結びましょう。